狭い家を広く住む

赤ちゃんの泣き声の対策

赤ちゃんの泣き声の対策

赤ちゃんの泣き声の対策 家と家との間に狭小住宅を建てる場合、気に掛けなければいけないのが音の問題です。例えば赤ちゃんがいる場合、泣き声によって近隣の迷惑になってしまう可能性があります。こと狭小住宅の場合は、家同士の距離が近いことで、音のトラブルに発展しやすい状況が備わっているのです。
トラブルを回避するには、設計段階でしっかりと防音対策を考えていくことが大切です。限られたスペースしかない物件という性質上、後から十分な騒音対策を行うのは困難ですので、予め十分に必要な処置を講じておかなければいけません。また、防音対策は自宅からの音漏れを防止するだけでなく、逆に近隣からの音の侵入を防ぐ役割もありますので、近隣同士が音で苦労をしないための重要な施工でもあるのです。
できれば間取りをよく考えて設計をすることも必要と言えるでしょう。狭小住宅は間取りにも制限が設けられがちではあるものの、そうしな中でも音への配慮のある設計をした方が後々も安心です。特に窓の位置は重要です。音が漏れやすい場所ですので、隣家と同じ場所への窓の設置は回避するなどの工夫を持つようにしましょう。

赤ちゃんがいてもトラブル対策をして狭小住宅でも快適に

赤ちゃんがいてもトラブル対策をして狭小住宅でも快適に 狭小住宅は、狭いですが工夫次第で快適に住むことができます。色々なトラブルも出てきますが、赤ちゃんがいる家庭は悩みが多くなりがちです。鳴き声や歩き出した子の足音など、近隣に響いていないか気になる人も多いでしょう。そんな時は防音対策が重要になります。
新築なら防音効果のある壁を選んだり、床にコルクやクッションフロアを敷くことで足音も軽減されます。狭小住宅なので作りが狭く、赤ちゃんが色々な場所にぶつかってしまうことも多いです。ぶつけやすい所にスポンジやクッション性のあるシートを貼ったり、家具を少なくできるように収納に工夫することも大事です。狭小住宅は3階建てなど縦に長い家が多いので、階段にも注意が必要です。落ちないように柵を備えて、危険を回避してください。狭い分悩みも多いものですが、アイデア次第でコンパクトに住みやすくなるのが良い所なのです。まずは危ない場所を取り払っていくことから始めてみてください。